お知らせ

お知らせ

2022/316令和4年 春のおすすめ「桜べったら」

期間限定 桜べったら ¥486(税込)

べったら漬けを桜の葉で包みました。
はんなり香りをまとわせた、
春の風味をご堪能ください。

令和4年 春 限定販売となっております。
数量限定のため、なくなり次第終了とさせていただきます。

チャンネル名 打田漬物


2022/316季節の限定商品 ◆ 桜べったら ◆ 京さくら ◆

期間限定
桜べったら ¥486(税込)

べったら漬を桜の葉で包み、春の香りをまとわせた一品。

桜の葉は伊豆産の大島桜を杉樽に漬け込み、より香りにこだわりました。

お茶請けにもおすすめです。

京さくら   ¥432(税込)

薄切りにした緋の菜に、菜の花と桜の花をあしらいました。

緋の菜と菜の花のほろ苦さに、春を感じる一品です。




「季節のおすすめ」にてご案内しております。

どちらも京都で桜が散る頃までの期間限定販売になります

是非ご検討くださいませ。


2022/316販売開始のお知らせ ◆水茄子浅漬 ◆水茄子糠漬 ◆菜の花漬◆

販売開始のお知らせ ◆水茄子浅漬 ◆水茄子糠漬 ◆菜の花漬◆1 販売開始のお知らせ ◆水茄子浅漬 ◆水茄子糠漬 ◆菜の花漬◆2 販売開始のお知らせ ◆水茄子浅漬 ◆水茄子糠漬 ◆菜の花漬◆3

今年も水茄子浅漬水茄子糠漬菜の花漬が漬け上がりました。

「季節のおすすめ」にてご案内しております。

是非ご検討くださいませ。


2022/314季節商品のお知らせ ◇ あさげ漬 ◇

「あさげ漬」は、インターネットでの販売を終了いたしました。

たくさんのご注文を頂きまして、誠にありがとうございました。

本店・錦小路店ではもうしばらく販売しておりますので、

お求めの方はお問い合わせくださいませ。


2022/310季節商品のお知らせ ◇ 小かぶらきむち ◇

季節の限定商品「小かぶらきむち」は、インターネットでの販売を終了いたしました。
たくさんのご注文を頂きまして、誠にありがとうございました。

本店・錦小路店ではもうしばらく販売しておりますので、
お求めの方はお問い合わせくださいませ。


2022/301季節商品のお知らせ ◇ 赤かぶら漬 ◇

「赤かぶら漬」は、今季の漬け込みを終了いたしました。

たくさんのご注文を頂きまして、誠にありがとうございました。

本店・錦小路店ではもうしばらく販売しておりますので、

お求めの方はお問い合わせくださいませ。


2022/301帯祝は “ 内祝 ” と書いてお配りし告知するのどす。「京のしきたり」第11回

「京のしきたり」 第11回
「帯祝は “ 内祝 ” と書いてお配りし告知するのどす。」

この度、京都新聞に掲載しております「京のしきたり」を
YouTube  打田漬物チャンネルにて動画配信いたします。

月1回、最新号を配信させていただきます。
また、過去掲載分も随時配信させていただく予定です。
なお、新聞掲載紙面は当社ホームページでもご紹介させていただいております。

「京のしきたり」について
岩上力氏監修のもと京都に伝わる伝統文化風習などをイメージ広告として
ご紹介させていただいております 。

紙面、配信共々 ご高覧、ご視聴いただければ幸いです。

 

「京のしきたり」 第11回
「帯祝は “ 内祝 ” と書いてお配りし告知するのどす。」


2022/224販売終了のお知らせ ◇ 千枚漬 ◇

「千枚漬」は、今季の漬け込みを終了いたしました。

たくさんのご注文を頂きまして、誠にありがとうございました。

本店・錦小路店ではもうしばらく販売しておりますので、

お求めの方はお問い合わせくださいませ。


2022/207季節の限定商品 ◆ 小かぶらきむち ◆

季節の限定商品 ◆ 小かぶらきむち ◆1

季節の限定商品

小かぶらきむち ¥410(税込)

小かぶらの甘みにとうがらしの辛味を効かせた

この時期だけのきむちです

ごはんのお供やおつまみにもピッタリあいます


2022/201帯の祝は、神功皇后さまに始まりました。「京のしきたり」第10回

「京のしきたり」 第10回
「帯の祝は、神功皇后さまに始まりました。」

この度、京都新聞に掲載しております「京のしきたり」を
YouTube  打田漬物チャンネルにて動画配信いたします。

月1回、最新号を配信させていただきます。
また、過去掲載分も随時配信させていただく予定です。
なお、新聞掲載紙面は当社ホームページでもご紹介させていただいております。

「京のしきたり」について
岩上力氏監修のもと京都に伝わる伝統文化風習などをイメージ広告として
ご紹介させていただいております 。

紙面、配信共々 ご高覧、ご視聴いただければ幸いです。

 

「京のしきたり」 第10回
「帯の祝は、神功皇后さまに始まりました。」